意外と多い!ドライバーの職種と必要な資格

意外と多い!ドライバーの職種と必要な資格

ドライバーの仕事の種類と仕事内容

社会には数多くの仕事があってそれぞれに重要な役割を持っています。そんな中で車やバイクの運転をメインとして行なう職業がドライバーです。
一口にドライバーといっても職種によって仕事内容も大きく異なります。一般的にドライバー職でイメージされることが多いのが荷物の配送で、これは主にトラックを利用して物資や荷物を目的地に送り届ける仕事です。扱っている荷物によって移動距離が変わるため、時には何時間もの運転を行なうケースも少なくありません。中にはバイクを使って簡単な書類や食事を届ける仕事もあります。
その他のドライバー職として認知度が高いのがタクシーやバスといった人を乗せて運ぶ職種です。日常生活で誰しもが一度は利用したことがあるこれらの乗り物も、長距離の移動や決められたルート周りなど会社によって違います。

ドライバー職別の必要な資格

ドライバー職と呼ばれる運転の仕事は数多くありますが、仕事をする上で必要になる資格がいくつかあります。
まず基本とも言える免許です。日本では車やバイクの運転にはそれぞれの免許を取得することが法律で定められていて、これを持っていなければどんなドライバー職でも就くことはできません。一口に免許と言ってもいろいろな種類があって、仕事によって別途取得を求められるケースもあります。
トラックの配送では普通免許とは別に大型などの種類が必要になることもあって、タクシーやバスのように人を乗せるには二種免許が必要です。そのほかにも、基本的なドライバーとしての資質(事故の有無)が問われることも珍しくありません。
会社によっては持っていなくても採用後に会社が費用を負担して取らせてくれることもあります。

ドライバーの求人は、全国の幅広いエリアに多数存在するため、自分の希望するエリアでスムーズな求人探しが可能です。